施設見学・お問合わせ ☎ 072-463-2297 メール
スタッフ募集
施設見学・お問合わせ  072-463-2297 width= メール
スタッフ募集

泉佐野居宅介護事業所とは

重症心身障害児者(重度の肢体不自由と知的障がいが重複した方)に特化した居宅介護事業所です。
ご自宅への訪問介護と、ガイドヘルパー(外出時の移動介助)サービスを提供。
医療対応できるスタッフを揃えており、看護師ヘルパーによる月1~2回の移動支援も行っています。

当事業所のこだわり

小規模事業所だからできる 重心者に特化した細やかなサービスがモットーです

当事業所は「NPO 法人 大阪府重症心身障害児者を支える会」が運営する、泉州地域にある重症心身障害児者支援に特化した居宅介護事業所です。
小規模事業所ではありますが、高齢者介護が中心の事業所とは異なり、重度の障がい者への細やかな対応が可能。

こちらではその一例をご紹介します。

Case 120 代男性/重度の知的障害・てんかんあり
独歩は可能だが補助が必要。1 人での外出は難しい利用者さん

デイサービスに週5日(月~金)通っているものの「子ども時代に比べて運動不足が気になる」と不安を感じた保護者より問い合わせのあったケースです。
「もう少し運動をさせて欲しいのだけど、今のデイサービス施設に訴えても満足のいく対応をしてもらえなかった」と、当法人のデイサービス(生活介護事業所)への施設替えを希望されていました。
しかしお話を伺い、「本当の課題は外出を含めた運動」であることを感じたため、「施設ではなく、居宅介護のガイドヘルパーを利用しては」とご提案。水曜日のみデイサービスの利用をやめ、余暇とにして当事業所のヘルパーと屋内プールに通うことに。徐々に運動不足が解消されただけでなく、外出を通じて笑顔が増えたとの喜びの声をいただいています。

デイサービスを義務的に利用されてはいませんか? 居宅介護を上手に併用することで生活の質が高まることをもっと多くの方に知っていただければと思います!

 

Case 220 代重心男性/遷延性意識障害・気管切開重度
意思疎通が難しいご利用者さん

理学療法士による訪問リハビリサービスを利用されている方の保護者から、「歩行訓練までしてくれる訪問介護(居宅介護)を探している」と、当事業所に相談が。お話を伺うと、現在の訪問リハビリでは、マッサージによる機能の維持が基本となり、歩行訓練をするゆとりがないのが不満とのことでした。

しかし、訪問リハビリや訪問介護の基本要員は1名。当事業所に切り替えたからといって根本的な問題は解決しません。そこで、既存の訪問リハビリに合わせて、当事業所の居宅介護スタッフを「歩行介助の補助要員」として派遣することに。重心者の介護や医療対応に精通した当事業所のスタッフとの 2 人体制になったことで、マッサージと歩行訓練の両方ができるようになりました。

事業所を超えた地域連携に柔軟に対応できるのは、当事業所が、重心に特化した小規模事業所だから。 他にもさまざまな対応が可能です。まずはご相談ください!

アクセス

〒598-0002 大阪府泉佐野市中庄 1522-1

NPO法人大阪府重症心身障害児者を
支える会
生活介護事業所 / 居宅介護事業 /
グループホーム

© 特定非営利法人
大阪府重症心身障害児者を支える会 All Rights Reserved.